目頭切開を東京でしたら全然印象が変わった

ダウンタイムがあったが目が大きくなって成功

埋没法の二重整形は経験済みだが目頭切開がしたいクリニックに相談し目頭切開の手術を受けるダウンタイムがあったが目が大きくなって成功

今回は抜糸があるので少しで歩いたりしづらいのですが、ちょうどバイトの休みを長期でとれる期間があったので問題ありませんでした。
ちなみに抜糸までは手術をしてから4〜7日程度ということで、腫れ具合によってもちょっと変わってくるのかもしれません。
手術を受けるときには、前回と同様に静脈麻酔も使ってもらい別料金でしたが、怖い思いをせずに手術ができました。
痛みが怖いのですが、静脈麻酔は目元の痛みをほとんど感じることなくできるのが本当に良いです。
手術が終わってみると、糸がついているので少し違和感もありますが、腫れは思っていたよりも強くなく、一応サングラスをして帰りました。

埋没+目付き矯正+目頭切開をされた方の症例写真です。離れている目を目頭切開で改善できます🥰

📢2020年2月23日 東京相談会
20名限定の相談会ですのでお早めにご連絡ください😊
☎️LINE:fourseasonsps pic.twitter.com/lgtBH0Tz7F

— 釜山フォーシーズン美容外科 (@four4seasons1) February 4, 2020
切開した方が埋没法の時よりも痛みがちょっとありましたが、痛み止めて対応できるぐらいの痛みです。
1週間後に抜糸をするまでは、少し制限されるものもありましたが、痛みも最初の1〜2日ぐらいで落ち着きました。
抜糸をして今は落ち着いていますが、目が大きくなってとてもうれしいです。
二重の幅も少し広くなった感じです。
やりすぎると不自然になるので気を付けたほうが良いですが、私は成功だと思っています。